株主優待券を販売して実質的な利回りを考えましょう

株主には株主配当金と様々な株主主優待制度を提供している会社が多くあります。株式投資をしている方は利回りも重要な指標ではないでしょうか。特に株主優待券を利用することでお得にものの購入を行うことができますが、利用する予定がない場合には販売することも可能です。
1番簡単な方法は、金券ショップで買い取ってもらう方法です。多くの金券ショップでは、一万円以下であればサイン程度で簡単に現金化することが可能です。店舗によっても異なりますが、それ以上であれば身分証明書を提示することが必要なところが多くあるようです。こちらでは在庫状況により価格が大きく変動してしまいます。株主優待券が送られてきたらすぐに現金化する方が高値がつく可能性が高くなります。店舗ごとに価格も違いますから、様々な店舗で価格を確認したうえ納得できたら売るようにしましょう。
次に、インターネットオークションを利用して販売する方法もあります。こちらの方が一般的に高値がつく可能性があります。しかし、郵送手続きなど面倒な作業があるため一長一短ではないでしょうか。
最後に人気のある株主優待券は高値で取引されます。そのため販売することで実質的な利回りを上げることが可能です。一手間はかかりますが、自分が持っている株主優待券がどの程度の価格で取引されているか調べたうえで株式投資をすると近場にお店がない場合など利用しにくい環境のものであっても投資を楽しむことができます。株式投資は企業への応援という側面もありますが、資産運用としてどれだけの利回りを上げることができるかも重要です。けしてボランティアではないため自分の持っている資産価値を正しく判断しましょう。